投稿日:2023年7月15日

保温材が劣化した際のサインとは?

こんにちは!
大阪府に本社を構え、門真市・寝屋川市といったさまざまな施設のある地域で保温工事を行っている会社です。
ベテラン保温工と一緒に、技術が求められる難易度の高い施工を行っています。
今回は、保温材が劣化した際のサインについて詳しく触れていきます。
保温材が劣化すると、どんな症状が発生するのでしょうか。

結露

工場内のダクト
保温材が劣化することによって、結露発生のリスクが高まります。
もし結露によって水がポタポタ落ちてくるようなことがあれば、設備が故障する恐れが考えられるでしょう。
設備の故障を直したり、新しくしたりするにはそれなりの費用がかかります。
リスクに備えるためにも、ぜひ保温工事をご検討ください。
早めの対策によって、将来の不安の軽減につながります。

凍結

保温材が劣化することで、凍結のリスクが高まります。
特に屋外にあるダクトはより凍結する可能性が高いため、注意が必要です。
もしダクトに凍結が発生すれば状態が悪くなるだけではなく、事故発生の原因になる恐れが考えられます。
そんな最悪の事態を避けるには、保温工事を行っていくことがとても重要です。
ぜひ保温工事をご検討ください。

冷暖房の効率が下がる

保温材が劣化するとダクトの中を通る空気の温度が下がりやすくなったり、逆に温まりやすくなったりします。
そのため冷暖房の効率が下がり、快適な環境の実現が難しくなります。
保温材の劣化をそのまま放置すれば、空調が役割を果たせなくなるでしょう。
快適な環境を整えるには、保温工事が欠かせません。
ぜひ株式会社ウエダにご相談ください。

優秀なスタッフが対応します

電卓とミニチュア
株式会社ウエダでは、大阪周辺で保温工事のご予定があるお客様からのご相談をお待ちしております。
施工からメンテナンスまで、丁寧な対応を心掛けている会社です。
お客様がお困りの際は迅速に対応しますので、気軽にお声がけください。
弊社に所属するスタッフは全てが優秀で、確かな技術を有しています。
そのため安心して保温工事をお任せいただけます。
プロに施工を任せ、安心して過ごせる毎日を実現させていきましょう。
お問い合わせは、電話・お問い合わせフォームから対応しています。

株式会社ウエダにご相談ください

株式会社ウエダでは、保温工の求人に興味がある人材を募集しています。
弊社の一員となって、家族や友人に誇れる仕事に挑戦してみませんか。
各施設で保温工事やメンテナンスを行い、施設の快適な運営を助ける仕事です。
専門知識が求められる仕事のため、基礎からしっかりと学んでいきましょう。
困ったことがあれば、周囲がサポートします。
知識に自信を持てなかったり、仕事の経験が無かったりする人でもまずはご相談いただければ幸いです。
お問い合わせは、電話・採用情報ページから対応しています。
最後までご覧いただきありがとうございました。

株式会社ウエダ
〒570-0043
大阪府守口市南寺方東通1丁目4番5号
電話:06-6997-6322
FAX:06-6997-6323

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

大阪 守口市 保温板金工事 株式会社ウエダの求人情報と今日の一日

大阪 守口市 保温板金工事 株式会社ウエ…

今日は5月17日です。 工場での板金加工に頑張った一日でした。 一緒に板金加工をした 社員の山口君 …

大阪守口市の保温板金工事業の株式会社ウエダの求人募集と今日の一日

大阪守口市の保温板金工事業の株式会社ウエ…

今日も暑かったですね。 明日の晴れ間☀️を有効に使わないと いよいよ 梅 …

大阪守口市の保温板金業の株式会社ウエダの今日の1日の続きと求人情報

大阪守口市の保温板金業の株式会社ウエダの…

何かが上手くいかず 途中で終わりました すいません笑 なんで 天井下地がきてるのか 不思議です 天井 …

採用情報 お問い合わせ